2016年04月17日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #土壌侵食 #セシウム #チェルノブイリ事故

TITLE
『 Using 137Cs measurements to estimate soil erosion rates in the Pčinja and South Morava River Basins, southeastern Serbia. 』
BRIEF
本論文は「セルビア南東部のプチニャ郡および南モラヴァ川流域におけるセシウム137測定を利用した土壌侵食量の推定」に関する論文です。著者らは「セルビアの土壌侵食量の確かな評価の必要性から土壌再分布量推定を導くためのセシウム137測定の潜在的可能性が注視されている」と背景を説明されて、「現在まで、本アプローチはセルビア南東部で行われておらず、その能力を確かめるための予察的研究」を行われています。「相当量のチェルノブイリ事故フォールアウトを考慮する必要性が潜在的な問題」、「セシウム137測定用サンプルは高土壌侵食量で知られているプチニャ群と南モラヴァ川の流域の不撹乱土壌地帯から採集」、「セシウム137測定から土壌侵食と沈着量の推定を導くために2つの理論的コンバージョンモデル-Profile-Distribution ModelとDiffusion and Migration Model-を利用」されたその結果、「Profile-Distribution ModelとDiffusion and Migration Modelにより導いた土壌再分布量の推定は相当異なり、その差は土砂流出量を過剰推定する簡易Profile-Distribution Modelの前提に由来する」、「Diffusion and Migration Modelによる結果はより確かであると判断する」等を報告されています。
AUTHOR(S)
Petrović J, Dragović S, Dragović R, Đorđević M, Đokić M, Zlatković B, Walling D.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27077326

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移