2016年04月17日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #受動喫煙 #メタボリック症候群

TITLE
『 Are active and passive smoking associated with cardiometabolic risk factors in adolescents? The CASPIAN-III Study. 』
BRIEF
本論文は「青年における能動および受動喫煙と心血管代謝リスク因子との関連」に関する論文です。著者らは「世界中で喫煙は青年にとって重大な危険行為となっている」、「能動および受動喫煙は大衆および個人レベルで健康に悪影響を与える」と背景を説明されて、「イランの青年について能動および受動喫煙と心血管代謝リスク因子の関連」を調査されています。「第三次全国学校調査システムの対象となった10歳から18歳の5625人の学生を被験者とする」、「被験者は能動喫煙者、受動喫煙者そして煙への暴露(能動または受動または両方)の3つのグループに分類」、「小児年齢グループ向けに調整した成人治療委員会Ⅲ(ATPⅢ , http://www.nhlbi.nih.gov/files/docs/guidelines/atglance.pdf )の基準を考慮して、 メタボリック症候群を腹部肥満、高血圧、高空腹時血漿グルコース、高血清トリグリセリドそしてHDLコレステロール(high-density cholesterol)の減少の5つの内3つの共存として定義」されたその結果、「被験者の年齢の平均と標準偏差はそれぞれ14.7と2.4歳」、「HDLコレステロールの平均レベルは非喫煙者と比較すると全てのタイプの喫煙では有意に低かった」、「低HDLコレステロールとメタボリック症候群は能動喫煙、受動喫煙および煙への暴露それぞれと有意に関連があった」、「青年における能動喫煙と受動喫煙そして煙への暴露はメタボリック症候群リスクの上昇と幾つかの心血管代謝リスク因子とに関連があることが確認された」等を報告されて、「受動喫煙の予防策を小児年齢グループの健康の優先事項として考慮すべきである」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Kelishadi R, Noori A, Qorbani M, Rahimzadeh S, Djalalinia S, Shafiee G, Motlagh ME, Ardalan G, Ansari H, Asayesh H, Ahadi Z, Heshmat R.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27077622

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移