2016年04月13日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #地震の備え #イスラエル

TITLE
『 An Integrated and Interdisciplinary Model for Predicting the Risk of Injury and Death in Future Earthquakes. 』
BRIEF
本論文は「将来の地震における負傷および死亡リスク予測のための統合的および学際的モデル」に関する論文です。著者らは「地震関連犠牲者推定のための包括的な技術は未だ確立されていない」と背景を説明されて、「暴露群の特性およびコミュニティの備えと対応能力を向上させるための構築環境とに関連するリスク要因の統合、そして将来の被害緩和」を調査されています。「幅広く利用されている損失推定モデルHAZUS( http://www.fema.gov/hazus )に基づき、システマティックレビューと疫学データのメタ分析を通して特定された人間に関連する4つのリスク要因(年齢、性別、身体の障害および社会経済的状態)を統合することにより新たなモデルを構築」、「それら要因の共通効果測定を算出し、ロジスティック回帰を適用した現存するモデルのアルゴリズムで分析」、「感度分析はイスラエルの高脆弱性リスク地域の犠牲者推定シミュレーションにより実施」されたその結果、「統合モデルによる結果は、伝統的なモデルの予測と比較すると総犠牲者数は増加を示し、予想死亡者および重傷または中傷数の増加と軽傷については減少が示された」、「この点で、リスクに曝される人々の率が高い都市地域はより脆弱であることが確認された」、「提案されたモデルは、地震犠牲者モデルの結果に基づく、人間に関連し、そして構造的な要因の複合的影響の定量化を可能とする新たなアプローチを提供する」等を報告されて、「地震発生の前に人間の脆弱性を低減し回復力を高める努力への投資は、予想犠牲者数を減少させる可能性を秘めている」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Shapira S, Novack L, Bar-Dayan Y, Aharonson-Daniel L.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26959647

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移