2016年04月10日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #東京都 #セシウム #空間線量率

TITLE
『 Impact on ambient dose rate in metropolitan Tokyo from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. 』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故による首都東京の周辺線量率への影響」に関する論文です。著者らは「外部線量推定のため、2014年12月に東京で走行サーベイ」を行われています。「本サーベイでは東京の全ての市区町村で行われ、その結果を2003年の測定と比較」されたその結果、「2014年12月に東京全域で測定された周辺線量率は1時間あたり60ナノグレイ(23から142ナノグレイ)で2003年よりも24パーセント高い」、「東京の東端および西端で高線量(1時間あたり70ナノグレイ超)が確認され、加えて周辺線量率への人工放射性核種(セシウム134及びセシウム137)の寄与率について東京東部は東京西部の2倍であった」、「測定した周辺線量率に基づき、原子力事故後の東京の実効線量率は1時間あたり0.45マイクロシーベルトと推定される」、「2014年12月時点のこの数値は原子力事故前よりも22パーセント高い」等を報告されています。
AUTHOR(S)
Inoue K, Tsuruoka H, Van Le T, Arai M, Saito K, Fukushi M.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27055250

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移