2016年04月06日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #災害リスク管理

TITLE
『 In Search of Perfect Foresight? Policy Bias, Management of Unknowns, and What Has Changed in Science Policy Since the Tohoku Disaster. 』
BRIEF
本論文は「東北大震災後の科学政策の変化」に関する論文です。著者らは「2011年の壊滅的な地震、津波および原子力事故予見の失敗は、多くの日本人に現在の災害リスク科学の基礎的欠陥として認識されている」、「様々な経験的および画一的バイアスが妨げとなり、既知のリスクに基づく伝統的災害リスク管理計画は相互連結的災害リスク管理の連鎖的失敗との結果を導いた」、「この認識は政策における科学の利用と得られた教訓の新たな災害リスク管理政策への取り込みについて、大いなる再考の切っ掛けとなった」等を背景を説明されて、「日本のリスク管理における科学知識利用の継続性と変化を特定するため、公表されている専門委員会の議論と科学記事をレビュー」されています。「概ね認知バイアス(例えば過去のハザードリスクへの過度の依存)の重要な影響は大部分認識されており、高まった注目は現在、既知のリスクに向けられている」、「これは将来リスクによるダメージ推定における上方修正および災害リスク管理政策の今後の強化の必要性の認知を導いている」、「同時に、災害リスク管理政策立案と施行のための充分かつ正当化出来る理由を科学的知見は提供するとの見方にはかなりの継続性がある」等を報告されて、「地震と津波リスク低減方策における”根拠に基づく政策”の重要視は、国の科学政策制定における現状の科学の限界を配慮した根本的な再考を主張する科学者グループの批判的省察にかかわらず、継続する」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Mochizuki J, Komendantova N.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27043463

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移