2016年03月26日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #セシウム137 #ストロンチウム90 #コメ #小麦

TITLE of THESIS
『 Effective and ecological half-lives of 90Sr and 137Cs observed in wheat and rice in Japan. 』
BRIEF
本論文は「日本の小麦とコメ中のストロンチウム90とセシウム137の実効半減期及び生態学的半減期」に関する論文です。著者らは「公表されている福島第一原子力発電所事故前の1963年から1995年の食品モニタリングデータによりコメと小麦中のセシウム137とストロンチウム90の長期的な存在を調査」されています。その結果、「算出したコメの実効半減期はセシウム137が5.6年、ストロンチウム90が6.7年、小麦ではセシウム137が3.5年、ストロンチウム90が6.2年」、「コメについては腐敗プロセスにより、ミネラルに吸着したセシウムイオンの効果的なイオン交換体となるアンモニウムイオンが形成されるため、それ故、植物体中でより容易に生物学的に利用可能となり、セシウム137の実効半減期が長い」等を報告されて、「放射性セシウムと放射性ストロンチウムの長期的動態の知見は福島第一原子力発電所事故後の日本の食品安全行動にとって重要である」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Merz S, Shozugawa K, Steinhauser G.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27003956

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移