2016年03月24日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #緊急作業員

TITLE of THESIS
『 INTERNAL DOSES OF THREE PERSONS STAYING 110 KM SOUTH OF THE FUKUSHIMA DAIICHI NUCLEAR POWER STATION DURING THE ARRIVAL OF RADIOACTIVE PLUMES BASED ON DIRECT MEASUREMENTS. 』
BRIEF
本論文は「直接計測に基づいた、放射性プルームの到着時に福島第一原子力発電所の南110キロメートルの地点に滞在していた3人の内部線量」に関する論文です。「2011年3月の東北大震災、津波、福島第一原子力発電所事故の結果として福島第一原子力発電所から放出された放射性プルームの到着時に福島第一原子力発電所の南110キロメートルに位置する東海村に滞在していた3人の直接計測の結果を詳述」されています。「事故後すぐにNaI(Tl)シンチレーション検出器とホールボディカウンターを用いて計測」その結果、「最初の大きな放出が確認された3月15日における吸入を通した急性摂取量の推定の下、彼らのヨウ素131の甲状腺等価線量は0.9から1.4ミリシーベルトと推定された」、「ヨウ素の物理化学的形態の大きく依存するが、3人の被験者のヨウ素131とセシウム137の摂取量比率は2.7から3.7と算出され、同サイトの大気サンプル中の放射能比7.8よりも極めて小さかった」等を報告されています。
AUTHOR(S)
Kurihara O, Nakagawa T, Takada C, Tani K, Kim E, Momose T.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26868009

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移