2016年03月24日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #看護学生

TITLE of THESIS
『 Post-Fukushima radiation education for public health nursing students: a case study. 』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後の看護学生のための放射線教育のケーススタディ」に関する論文です。「福島第一原子力発電所事故は1945年以降世界中で発生した200を超える重大な原子力放射線事故の1つである」、「現在の福島は環境中の放射能レベルの減少とともに回復段階にある」、「しかしながら放射線被曝で認知されているリスクに関する恐れと偏見が一般国民の間には付き纏っている」、「放射線事故後の公衆衛生上の課題への学生の備えを向上するために放射線教育が看護学の学部生に行われている」と背景を説明されて、「看護学生への放射線教育の最初のクラスの開発と遂行、そしてクラスでの経験に対する生徒の反応をケーススタディにより報告」されています。「東京の看護学の学部生向けの90分の放射線クラスを開講」、「技術的及び環境的局面のレクチャーとディスカッションにおいて基礎的な放射線知識のための最低限の要点を提供」、「クラスの後、65人全ての学生にクラスに対する彼らの印象を自由に書いてもらった」、「学生の同意のもと、61人の無記名による回答について質的分析を行った」その結果、「放射線に関して無知であることの気づき、マスメディアにより作られた問題、放射線に関して知識が豊富となる、公衆衛生における看護師の役割そして信頼できかつ楽しいレクチャー、の5つのテーマが浮かび上がった」、「クラスは学生に放射線及び学生の今後のプロとしての役割について知っていること及び知らないことの社会的、心理的および関係性の局面について考えることを鼓舞した」、「一度学校で放射線教育を受けると看護学生は、放射線は彼らのプロフェッショナルとしての専門範囲であるとの信念を持った専門家として社会にでる」、「教育は災害防止、準備、対応そして回復のキーである」等を報告されて、「放射線事故後の健康面の課題の遍在的性質を前提すると、放射線教育は世界中の看護学生にとって必須である」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Konishi E, Nagai T, Kobayashi M, Mitsumori Y, Ono W, Asahara K, Porter SE.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26868263

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移