2016年03月22日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #田んぼ #連行係数

TITLE of THESIS
『 Time dependence of the 137Cs concentration in particles discharged from rice paddies to freshwater bodies after the Fukushima Daiichi NPP accident. 』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後、田んぼから淡水へと放出された粒子状セシウム137濃度の時間依存性」に関する論文です。著者らは「水系システムに移行するセシウム137の主たるソースとなりうる田んぼの粒子状セシウム137濃度が福島第一原子力発電所事故後調査されている」と背景を説明されて、「濃度のパラメータ化および時間依存性推定のため、様々なセシウム137沈着レベルの田んぼ計121箇所を2011年から2013年にかけて調査」されています。その結果、「粒子状セシウム137濃度(浮遊物質量(Suspended Solid)1キログラム当りのキロベクレル)は最初の表層沈着密度(1平米当りのキロベクレル)とに有意な相関が見られた」、「粒子状セシウム137濃度と初期表層沈着密度の比として定義される連行係数は田んぼからのセシウム137除染のモデル化に際して重要なパラメータであることをその事は示唆している」、「連行係数は経時と共に二重指数関数に従い減少した」、「連行係数の減少率定数はその他の土地利用形態や河川水での報告よりも明確に高かった」、「連行係数の減少率の差は田んぼは水系システムを通して放射性セシウム移行における重要な役割を持っていることを示唆している」等を報告されて、「それ故田んぼの連行係数の減少率の理解は水系システムにおける放射性セシウム移行の理解に極めて重要である」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Yoshimura K, Onda Y, Wakahara T.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26999252

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移