2016年03月21日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #セシウム137

TITLE of THESIS
『 Modeling dynamics of 137Cs in forest surface environments: Application to a contaminated forest site near Fukushima and assessment of potential impacts of soil organic matter interactions. 』
BRIEF
本論文は「森林表層環境中のセシウム137動態のモデル化:福島近傍の汚染森林への適用と土壌有機物相互作用の潜在的影響の評価」に関する論文です。著者らは「日本の森林における福島第一原子力発電所事故由来のセシウム137の動態の評価するために、森林表層環境のセシウム137移行のプロセスモデル」を開発されています。「福島近傍汚染森林における有機・鉱物層中のセシウム137の3年間の移行データの再現にモデルは成功」、「有機物層から鉱質土壌へのセシウム137の移行は林床への直接沈着パターンと特定の生態学的条件の下での有機物層の落葉物の更新により説明できる」、「沈着したセシウム137の90パーセント以上は事故後最長30年間土壌表層5センチメートル内に保持される事を長期予測が示したことは、森林は地下水経路を通して移行が制限されたセシウム137の有効な長期的貯留層となることを示唆している」、「土壌-植物システム中のセシウム137の流動性と生物学的利用能に関する土壌有機物相互作用の潜在的影響の調査にもモデルは利用できる」、「セシウム137更新のパラメーターを調整した仮説的有機質土壌のシミュレーション結果は、セシウム137吸着の土壌有機物誘発的減少が土壌溶液中の溶存態セシウム137の割合を上昇させ、その結果、土壌中のセシウム137の分布を大きく変えることなくセシウム137の土壌から植物への移行係数を高めるることを明らかにした」、「粘土鉱物のフレイド・エッジサイトへのセシウム137の緩慢な吸着と有機物が豊富な土壌中の粘土に保持されたセシウム137の流動性の上昇もまた土壌に吸着した交換抽出されやすいセシウム137の割合の上昇によりセシウム137の土壌から植物への移行係数を高める」、「それら有機物が豊富な土壌中のセシウム137のおよそ30パーセントから60パーセントは数十年後に深度5センチメートルより深くへと移行する」等を報告されて、「土壌有機物は土壌の吸着・保持の変質を通して森林のセシウム137の動態に長期間にわたって影響することをこれら結果は示唆している」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Ota M, Nagai H, Koarashi J.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26897402

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移