2016年03月19日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #台湾

TITLE of THESIS
『 Dose estimation for nuclear power plant 4 accident in Taiwan at Fukushima nuclear meltdown emission level. 』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所メルトダウン放出レベルを想定した場合の台湾の原子力発電所4の線量推定」に関する論文です。著者らは「ガウス型流跡モデルにより2011年の福島第一原子力発電所メルトダウンと同放出レベルでの台湾の原子力発電所4(NPP4)メルトダウンによる避難区域の評価」されています。「台湾の2011年3月11日の気象データを適用して、福島第一原子力発電所レベルでの放出の場合、台湾の国土面積の9パーセントが年間実効線量50ミリシーベルト以上で汚染されることをデモンストレート」、「この高線量地域は永久避難区域(PEZ)と呼称する」、「永久避難区域と緊急時計画区域(EPZ)は事故時の気象条件に影響されることが確認された」、「北東風の吹く晴天時、緊急時計画区域は、最初の7日間の線量が20ミリシーベルト以上で、100キロメートルの範囲に広がる」、「2011年3月11日から2012年3月9日の気象データを適用して365日の日次イベントを評価」、「永久避難区域となる台湾の平均国土面積は11パーセント」、「特に北部の基隆市、新北市、台北市、桃園市、新竹市、新竹県および宜蘭県が永久避難区域となる可能性は高く、そのレンジは宜蘭県の15パーセントから基隆市の51パーセント」、「前述の市、県の総人口は最大で1000万人」、「加えて台湾西部の全ての貯水池がある中央山脈の西の谷もまた永久避難区域となる可能性がある」、「例えば屏東県の台湾最南端での可能性は最高で3パーセント」等を報告されて、「特にモンスーン時期において福島第一原子力発電所メルトダウンレベルの場合、汚染されていない水源の不足により台湾西部の人口全体がリスクにされされる可能性がある」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Tang ML, Tsuang BJ, Kuo PH.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26913979

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移