2016年03月18日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #作業員 #セシウム

TITLE
『 THREE-YEAR RETENTION OF RADIOACTIVE CAESIUM IN THE BODY OF TEPCO WORKERS INVOLVED IN THE FUKUSHIMA DAIICHI NUCLEAR POWER STATION ACCIDENT. 』
BRIEF
本論文は福島第一原子力発電所事故に関わった東京電力作業員の体内に3年間保持されている放射性セシウム」に関する論文です。著者らは「東京電力福島第一原子力発電所で高線量被爆した7人の作業員の直接測定が2011年6月以来継続して行われている」と背景を説明されて、「観察されている作業員のセシウムクリアランスと国際放射線防護委員会により提案されている体内動態モデルとに矛盾はない」、「しかしながら最初の測定から500日を経て、セシウムのクリアランスは遅くなっている」、「食品中の放射能濃度は低く保たれているため初期の摂取以降のセシウム追加摂取は考えにくい」、「そして胸部の検出器の寄与は経時とともに高まっている」等を報告されて、「この事は不溶性セシウム粒子が吸入されて、長い代謝率が示されていることを示唆している」を結ばれています。
AUTHOR(S)
Nakano T, Tani K, Kim E, Kurihara O, Sakai K, Akashi M.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26979805

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移