2016年03月15日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #県民健康調査

TITLE
『 Comprehensive Health Risk Management after the Fukushima Nuclear Power Plant Accident. 』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後の包括的健康リスクマネジメント」に関する論文です。「2011年3月11日の東日本大震災そしてそれに続く福島第一原子力発電所事故から5年が経過した」、「退避、避難、食物網のコントロールを含む緊急時の人命保護を目的とした対策が日本政府により適時執られた」、「しかしながら、特に原子力の安全性と保護の面で、明らかに改善の必要があり、事故時および事故後の放射線健康リスクのマネジメントに関しても同様であった」、「放射能汚染地域での生活、そして以前再立ち入りが得られた再避難区域への帰還の決定に対するインフォームド・コンセントを得るために福島における環境と食物の継続的なモニタリングと放射能濃度レベルの評価が現在重要であり、測定に基づいた放射線量の現実的な評価もまた重要である」、「現在までのところ様々なタイプの放射線健康リスクマネジメントプロジェクトとリサーチが福島県で行われており、中でも県民健康調査は最大規模の健康モニタリングプロジェクトである」、「それは事故後最初の4ヶ月の外部被ばく線量の推計のための基本調査と4つの詳細調査:甲状腺超音波検査、健康診査、こころの健康度・生活習慣に関する調査および妊産婦に関する調査、からなり長期に渡り福島県のすべての住人の健康管理を目的としている」、「特に福島第一原子力発電所事故の避難者について放射線リスクの不安は心理的ストレスと関連する」等を述べられて、「災害後の復興の困難な課題と福島の回復力に注視して現在行われている健康リスクマネジメントをレビュー」されています。
AUTHOR(S)
Yamashita S; Radiation Medical Science Center for the Fukushima Health Management Survey.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26817782

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移