2016年01月22日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #ヤマトシジミ #形態異常 #ワイブル分布 #冪関数

TITLE
『Ingestional and transgenerational effects of the Fukushima nuclear accident on the pale grass blue butterfly.』
BRIEF
本論文は「ヤマトシジミに対する福島第一原子力発電所事故の食物摂取的および継代的影響」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故由来の人口放射性核種に汚染された食物の摂取に伴う東北および関東地方に住まう動物と人間に対する健康への潜在的な影響は日本の重大な関心事の一つである」、「加えて被曝の継代的または遺伝的影響も-それら影響は動物および人間の個体群に長期的な変化を引き起こす可能性があるため-また大きな関心事である」と背景を説明されて、「人間と共存するヤマトシジミに対する放射線被曝の食物摂取的及び継代的効果に関して得られた知見と示唆をここで簡潔にレビュー」されています。「人間の生息地域内で確認された汚染された葉を摂取した幼虫は例え低線量であってもいくつかの個体に形態学的異常と死が発現し、一方その他の個体には少なくとも形態学的な影響は見られなかった」、「この可変感度は放射線耐性の適応進化の基礎としての役割を持つ」、「低線量から高線量での異常率と死亡率の分布はワイブル分布または冪関数によく一致する」、「汚染された葉を摂取した形態学的に正常な個体の子孫は、汚染された葉を摂取すると高い死亡率を示したが、重要な事は汚染されていない葉を摂取した時には低死亡率が回復したことである」、「2011年から2013年の3年間に渡るフィールドモニタリングの結果、異常率と死亡率は主として2011年の秋にピークに達し、その後正常なレベルへと低減したことを示した」等を報告されて、「初期被曝の強い影響と一定期間に渡り継代的に蓄積する被曝の影響を得られた知見は示唆しているが、個体群は3年内、15世代以降には比較的早く正常なレベルへと回復する」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Taira W, Hiyama A, Nohara C, Sakauchi K, Otaki JM.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26661851

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移