2015年11月17日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #ミツバチ #クマバチ #飛翔昆虫 #花粉媒介者

TITLE
『Pollinators and Other Flying Insects inside and outside the Fukushima Evacuation Zone.』
BRIEF
本論文は『福島の避難区域内外における花粉媒介者と飛翔昆虫』に関する論文です。著者らは『2011年の福島第一原子力発電所事故後、住民が代々森林や農地を営んできたエリアに広大な避難区域が設定された』、『それにより避難区域の生物多様性とエコシステムを維持していた人間の活動は途切れてしまった』、『そのような変化は比較的放射能被曝に耐性のあり、生物多様性の一員を担っている昆虫に影響を与えた可能性がある』と背景を説明されて、『マレーズトラップを利用して避難区域内外の重要なエコシステムの一員である花粉媒介者を含む飛翔昆虫を調査』されています。その結果、『避難区域で最大のミツバチであるクマバチの幼生の区域内個体数は区域外よりも有意に少なかったが、その他の昆虫について有意差は確認されなかった』と報告されて、『災害から3年が経過し、飛翔昆虫とそれらによるエコシステムは大きな影響を受けていなかったが、避難による長期的な影響について今後モニターすることが重要である』と結ばれています。
AUTHOR(S)
Yoshioka A, Mishima Y, Fukasawa K.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26561045

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移