2015年11月10日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #受動喫煙 #粘液線毛クリアランス #自律神経系 #心拍変動 #血圧 #酸素飽和度

TITLE
『Influence of Time and Frequency of Passive Smoking Exposure on Mucociliary Clearance and the Autonomic Nervous System.』
BRIEF
本論文は「粘液線毛クリアランスおよび自律神経系に対する受動喫煙の期間と頻度の影響」に関する論文です。著者らは「煙草の煙への受動暴露による粘膜繊毛と自律神経系へのダメージに関する知見は未だ不足している」、「またそれらシステムに対する暴露の頻度と期間の影響についても未だ不明瞭である」と背景を説明されて、「粘液綿毛クリアランスと自律神経系に対する受動喫煙の影響を確認し、それらシステムに対する受動暴露の頻度と期間の影響」を調査されています。「44人の喫煙者、38人の受動喫煙者そして38人の健康なコントロール群を評価」、「肺機能の評価を実施」、「自律神経系の分析のために心拍変動データを収集」、「血行動態パラメーターを収集」、「粘液繊毛クリアランスの評価はサッカリンテストを利用」された結果、「受動喫煙グループには肺機能の低下が確認された」、「最高血圧について受動喫煙グループは喫煙グループと比較すると有意に高かった」、「受動喫煙グループはコントロール群よりも有意に遅い輸送時間を示した」、「心拍変動データにグループ間の差異は確認されなかった」、「暴露頻度と最低血圧、酸素飽和度、FEF25-75%の間には有意な相関が確認された」、「暴露負荷による全体的な自律神経活動の低下、加えて暴露頻度による迷走神経活性の低下と交感神経活性の上昇が相関分析の結果確認された」等を報告されて、「受動喫煙グループには粘膜繊毛クリアランスの悪化が確認され、受動暴露負荷と血液動態反応、肺機能および自律神経系へのダメージとには相関がある」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Freire AP, Ramos D, Leite MR, Silva BS, David RM, Uzeloto JS, Pacagnelli FL, Vanderlei LC, Ramos EM.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26534999

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移