RBA理事会声明の違い:2015年10月6日公表分と2015年11月3日公表分の比較 #ratehike #RBA #政策金利 #利上げ #オーストラリア

参考 RBA理事会声明の比較 – https://curiosity.am-consulting.co.jp/?p=4720
2015年10月06日公表分(以降、”前回”)と2015年11月03日公表分(以降、”今回”)の声明の違い 前回 『The global economy is expanding at a moderate pace, with some further softening in conditions in China and east Asia of late, but stronger US growth.』 「最近の中国と東アジアには更なる状況の軟化が見られるが、しかし米国は力強く成長しており、世界経済は穏やかなペースで成長している。」 今回 『The global economy is expanding at a moderate pace, with some further softening in conditions in the Asian region, continuing US growth and a recovery in Europe.』 「アジア地域には更なる状況の軟化が見られるが、継続的な米国の成長そしてヨーロッパの回復の下、世界経済は穏やかペースで成長している。」
前回 『Equity market volatility has continued, but the functioning of financial markets generally has not, to date, been impaired. Long-term borrowing rates for most sovereigns and creditworthy private borrowers remain remarkably low. Overall, global financial conditions remain very accommodative.』 「株式市場のボラティリティは続いているが、これまでのところ金融市場はおおむね機能している。殆どのソブリンと信用力の高い民間の借り手向けの長期借入金利は極めて低く据え置かれている。全体的に世界金融の状況は極めて緩和的に継続している。」 今回 『Volatility in financial markets has abated somewhat for the moment. While credit costs for some emerging market countries remain higher than a year ago, global financial conditions overall remain very accommodative.』 「金融市場のボラティリティは現状いくらか低下している。いくつかの新興国市場のクレジットコストは1年以上高いままであるが、世界金融状況は全体的に極めて緩和的に継続している」
前回 『While growth has been somewhat below longer-term averages for some time, it has been accompanied with somewhat stronger growth of employment and a steady rate of unemployment over the past year. Overall, the economy is likely to be operating with a degree of spare capacity for some time yet, with domestic inflationary pressures contained. Inflation is thus forecast to remain consistent with the target over the next one to two years, even with a lower exchange rate.』 「しばらくの間成長率は長期平均をいくぶん下回るが、1年に渡って雇用のやや強い成長と安定した失業率が確認されている。全体的に経済はまだしばらくの間、いくぶんかのGDPギャップを抱えて、そして国内のインフレ圧力は抑え込まれて、活動を続けると考えられる。それ故、インフレ率は、通貨安を伴っても、今後1年から2年はターゲット通りで継続すると予測される。」 今回 『While GDP growth has been somewhat below longer-term averages for some time, business surveys suggest a gradual improvement in conditions over the past year. This has been accompanied by somewhat stronger growth in employment and a steady rate of unemployment.Inflation is low and should remain so, with the economy likely to have a degree of spare capacity for some time yet. Inflation is forecast to be consistent with the target over the next one to two years, but a little lower than earlier expected. 』 「しばらくの間GDP成長率は長期平均をいくぶん下回るが、景気動向調査は過去1年間に渡る状況の段階的な向上を示唆している。また雇用のやや強い成長と安定した失業率を伴っている。経済はまだしばらくの間いくぶんかのGDPギャップを抱えインフレ率は低く維持される。インフレ率は今後1年から2年はターゲット通りと予測されるが、以前の予想よりも若干低くなる。」
前回 下記の文言が追記されています。 今回 『While the recent changes to some lending rates for housing will reduce this support slightly, overall conditions are still quite accommodative. 』 「住宅ローン金利の最近の変化は若干このサポートを弱めるが、おおむね状況はまだかなり緩和的である。」
前回 『Credit is recording moderate growth overall, with growth in lending to the housing market broadly steady over recent months. Dwelling prices continue to rise strongly in Sydney and Melbourne, though trends have been more varied in a number of other cities. Regulatory measures are helping to contain risks that may arise from the housing market.』 「与信はおおむね穏やかな成長を記録しており、住宅市場における貸し出しの伸びはここ数カ月概して安定している。シドニーとメルボルンでは住宅価格が大きく上昇を続けているが、傾向は多くのその他の都市でより変動している。規制措置が住宅市場から持ち上がってくるかもしれないリスクの抑え込みの一助となっている。」 今回 『Credit growth has increased a little over recent months, with growth in lending to investors in the housing market easing slightly while that for owner-occupiers appears to be picking up. Dwelling prices continue to rise in Melbourne and Sydney, though the pace of growth has moderated of late. Growth in dwelling prices has remained mostly subdued in other cities. Supervisory measures are helping to contain risks that may arise from the housing market.』 「ここ数カ月にわたって与信の伸びは多少増加しており、住宅市場の投資への貸し出しの伸びは若干緩やかで、オーナーと入居者向けは上向きつつある。メルボルンとシドニーでは住宅価格の上昇が続いているが、最近のその速度は穏やかである。その他の都市の住宅価格の上昇はほぼ抑制され続けている。監督的措置が住宅市場から持ち上がってくるかもしれないリスクの抑え込みの一助となっている。」
前回 『In other asset markets, prices for commercial property have been supported by lower long-term interest rates, while equity prices have moved lower and been more volatile recently, in parallel with developments in global markets.』 「その他のアセット市場では、商業用不動産価格は低長期金利に支えられているが、世界市場の動向に応じて株価は最近下落しボラティリティが高まっている」 今回 『In other asset markets, prices for commercial property have been supported by lower long-term interest rates, while equity prices have moved in parallel with developments in global markets.』 「その他のアセット市場では、商業用不動産価格は低長期金利に支えられているが、世界市場の動向に応じて株価は上下している」
前回 『The Board today judged that leaving the cash rate unchanged was appropriate at this meeting.』 「理事会は本日、今回の会合では政策金利を据え置きとすることが適切であると判断した」 今回 『At today’s meeting the Board judged that the prospects for an improvement in economic conditions had firmed a little over recent months and that leaving the cash rate unchanged was appropriate at this meeting. 』 「本日の会合で理事会は、ここ数カ月の経済状況の向上の見通しは安定しており、今回の会合では政策金利を据え置きとすることが適切であると判断した」
前回 『Further information on economic and financial conditions to be received over the period ahead will inform the Board’s ongoing assessment of the outlook and hence whether the current stance of policy will most effectively foster sustainable growth and inflation consistent with the target.』 「今後の明らかになる経済と金融状況のさらなる情報は、見通しに関する理事会の継続評価に考慮され、現在の政策ポリシーが最も効果的に持続可能な成長を促進するか、そしてインフレ率がターゲットに一致するか否かが検討される。」 今回 『Members also observed that the outlook for inflation may afford scope for further easing of policy, should that be appropriate to lend support to demand. The Board will continue to assess the outlook, and hence whether the current stance of policy will most effectively foster sustainable growth and inflation consistent with the target.』 「理事はまた、インフレ率の見通しからさらなる緩和政策の余地があること、状況に応じることが適切であることを確認した。理事会は見通しそして現在の政策ポリシーが最も効果的に持続可能な成長を促進するか、そしてインフレ率がターゲットに一致するか否かを継続的に評価する。」

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移