2015年10月28日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #緩衝重量深度 #セシウム #ヨウ素131

TITLE
『Depth distribution of 137Cs, 134Cs, and 131I in soil profile after Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant Accident.』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後のセシウム137、セシウム134およびヨウ素131の土壌中深度分布」に関する論文です。著者らは「2011年3月11日に発生したマグニチュード9.0の地震とそれに続く津波による福島第一原子力発電所事故で放出された放射性核種の沈着により、土壌、植生およびその他生態学的要素は重汚染されたと予測される」、「しかしながら土壌中の放射性セシウムおよびヨウ素131の深度分布に関する現地計測データは無い」と背景を説明されて、「福島第一原子力発電所事故後、最も汚染された一地域の耕土の沈着放射性核種深度分布を調査」されています。その結果、「総放射性セシウムの86パーセント超、そして総ヨウ素131の79パーセント超が土壌表層2センチメートルに吸収されている」、「対象サイトの土壌の放射性セシウムとヨウ素131の深度分布に基づく重量緩衝深度はそれぞれ1平米当たり9.1キログラムと10.4キログラムであった」、「対象土壌のセシウム137の緩衝重量深度はチェルノブイリ原子力発電所近傍耕土のそれよりも大きい」、「表層土壌の粘土分とセシウム137の緩和重量深度との間には正の相関が確認された」等を報告されて、「しかしながら土壌での沈着セシウム137の初期浸透深に対する粘土分の影響を明らかにするためにはさらなる分析が必要である」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Kato H, Onda Y, Teramage M.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22029969

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移