2015年10月26日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #セシウム137

TITLE
『Impacts of the Fukushima nuclear power plants on marine radioactivity.』
BRIEF
本論文は「海洋放射能に関する福島原子力発電所事故の影響」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故により海洋へ放出された放射性核種の影響は不明のままである」と背景を説明されて、「しかしながら放出地点近傍の海洋中のヨウ素とセシウムの放射性同位体濃度に関する情報は公表されている」、「それらデータにより海洋の先行研究と比較可能な、そして本ジャーナル中のGarnier-Laplace et al.に検討された線量に言及可能な、放射性核種の相対レベルに関するいくつかの基本的な結論を描くことが可能となる」として、「地震から1か月後の4月初旬に海洋への放出がピークを迎え、その翌月には1000分の1にまで減少したことがデータから示唆される」、「興味深いことに7月末までの濃度が予想よりも高いままでであった事から、原子炉やその他の汚染源-例えば地下水や沿岸堆積物-からの継続的な放出が考えられる」、「日本沿岸海水中における7月迄のセシウム137のレベルは未だ2010年におけるレベルよりも1万倍以上高い」等を報告されて、「幾つかの放射性核種は大きく増加したが、線量計算の結果は-海洋食品の生物学的吸収と消費に関する検討は議論され、さらなる研究が必要であるが-周辺海洋の直接被ばくを原因とする海洋生物相や人間への影響は最小限であることを示唆している」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Buesseler K, Aoyama M, Fukasawa M.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22013920

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移