2015年10月18日 学術論文の紹介-05 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #イベリア半島 #後方流跡線解析 #ヨウ素131 #ヨウ素132 #テルル132 #セシウム134 #セシウム137

TITLE
『Radioactive impact of Fukushima accident on the Iberian Peninsula: evolution and plume previous pathway.』
BRIEF
本論文は「イベリア半島における福島第一原子力発電所事故の放射能的影響」に関する論文です。著者らは「高濃度の-ヨウ素131、ヨウ素132、テルル132、セシウム134そしてセシウム137のような-幾つかの人工放射性核種が2011年3月28日から4月7日にかけ、イベリア半島に沿って確認された」と背景を説明され、「イベリア半島の南西における福島第一原子力発電所事故由来の人工放射性核種の放射能濃度レベルを、気団の後方流跡線解析により確認できる」として、「福島からウエルバに至る放射性プルームの経路は後方流跡線解析により推定され、それはこの放射性雲が通った地域から報告されるそれら放射性核種の濃度によっても証明された」、「事実、EPAやIAEAによって報告された日本、太平洋そして米国のいくつかの地点の放射能濃度は、ウエルバ県に到着した気団流跡線から予測されるものと一致していた」と報告されています。
AUTHOR(S)
Lozano RL, Hernández-Ceballos MA, Adame JA, Casas-Ruíz M, Sorribas M, San Miguel EG, Bolívar JP.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21683442

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移