2015年10月15日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #脾臓リンパ細胞 #ヒメネズミ #ハツカネズミ #染色体異常 #二動原体染色体

TITLE
『Chromosomal Aberrations in Wild Mice Captured in Areas Differentially Contaminated by the Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant Accident.』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故により異なる程度で汚染された地域に生息する野生マウスの染色体異常」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故後、汚染地域の非人間生物相への放射能の影響は大きな関心事となっている」と背景を説明されて、「福島県内に生息するヒメネズミおよびハツカネズミの脾臓リンパ細胞の染色体異常の発生」を調査した結果、「若干汚染されている地域に生息するネズミでは、二動原体染色体の平均発生頻度は非汚染対照地域に生息するネズミと同程度であった」、「対照的に中程度または重汚染地域に生息するネズミでは、二動原体染色体の平均発生頻度の有意な上昇が確認された」、「中程度の汚染地域と重汚染地域の吸収線量率はそれぞれおよそ1ミリグレイ/日および3ミリグレイ/日」、「染色体異常は線量率に伴っておおよそ上昇する傾向にある」、「理論的には染色体異常の発生頻度は吸収線量に比例すると考えられるが、中央値300日齢のマウスの染色体異常は、中央値105日齢のマウスで確認されたのと同様には、線量率に伴った上昇は見られなかった」等を報告されています。
AUTHOR(S)
Kubota Y, Tsuji H, Kawagoshi T, Shiomi N, Takahashi H, Watanabe Y, Fuma S, Doi K, Kawaguchi I, Aoki M, Kubota M, Furuhata Y, Shigemura Y, Mizoguchi M, Yamada F, Tomozawa M, Sakamoto SH, Yoshida S.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26217955

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移