2015年10月15日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #チェルノブイリ #微生物 #土壌浄化 #セイヨウアブラナ #アゾトバクター #セシウム137 #バークホルデリア目 #巨大菌

TITLE
『Modification of (137)Cs transfer to rape (Brassica napus L.) phytomass under the influence of soil microorganisms.』
BRIEF
本論文は「土壌微生物の影響下におけるセイヨウアブラナへのセシウム137移行の変化」に関する論文です。著者らは「チェルノブイリや福島のような原子力事故後、微生物は生息環境の物理化学的性質を変化させて放射性核種の移行性と植物への可用性を変化させることにより汚染土壌の浄化を促進させる可能性がある」として、「生息環境としてケイ砂を使ったモデル実験により、植物へのセシウム137移行に対する微生物の影響」を調査されています。その結果、「植物へのセシウム137最大移行(対照群と比較して50パーセントの上昇)はアゾトバクターを接種したセイヨウアブラナに確認された」、「セシウム137蓄積の最良低減は(30パーセント減少)、バークホルデリア目の接種後に確認された」、「さらに巨大菌はセシウム137蓄積を上昇させる性質を示した」等を報告されて、「本研究は土壌中の放射性核種の動態予測の向上、そして原子力事故後における土壌浄化の新しい微生物学手段に寄与する」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Pareniuk O, Shavanova K, Laceby JP, Illienko V, Tytova L, Levchuk S, Gudkov I, Nanba K.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26210686

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移