2015年10月14日 学術論文の紹介-05 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #小児科 #画像診断 #X線 #CT

TITLE
『Changes in radiological imaging frequencies in children before and after the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant in Fukushima Prefecture, Japan.』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故前後の福島県の子供達に関する放射線画像診断の頻度の変化」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故は福島の住民の間に、放射線被ばくに関する不安-X線やCTのような医療放射線被ばくを含む-を引き起こした」と背景を説明されて、「原子力事故前後における、福島県立医科大学で画像診断-CT、X線、超音波検査等-を受診した10歳未満の外来患者の数と比率を比較」されています。その結果、「原子力事故後、10歳未満の外来患者数は減少した」、「原子力事故後、CTおよびX線検査を受けた10歳未満の外来患者数も有意に減少した」等を報告され、「今回の結果は福島第一原子力発電所事故後、小児放射線検査数は減少していることを示唆している」として、「患者とその家族が原子力災害に関する不安を克服し、放射線画像検査のリスクと便益に関する理解を確かなものとするために、コミュニケーションを取り続けるべきである」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Yoshida K, Hayashida N, Fukushima Y, Ohtsuru A, Ohba T, Hasegawa A, Sato H, Shishido F, Yasui K, Kumagai A, Yusa T, Kudo T, Yamashita S, Takamura N.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26219903

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移