2015年10月14日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #ディアブロ・キャニオン発電所 #ヨウ素131 #ミルク #乳牛

TITLE
『An analysis of the intake of iodine-131 by a dairy herd post-Fukushima and the subsequent excretion in milk.』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後に乳牛群が摂取したヨウ素131とそれに続くミルク中の排出物の分析」に関する論文です。著者は「2011年3月の福島第一原子力発電所事故後のDairy Science Unit at Cal Poly, San Luis Obispo, California( http://dairy.calpoly.edu/ )のミルクサンプル中ヨウ素131を調査」、「2011年3月21日から4月11日の間のミルクサンプル採集はディアブロ・キャニオン発電所のモニタリングプログラムの一つ」、「ミルク中のヨウ素131積算濃度と2011年3月19日から2011年4月18日に採集された雨水、植物および大気サンプル中のヨウ素131積算濃度との相関を確認」、「経口摂取を通したヨウ素131量をコントロールした乳畜牛に関する先行研究と比較」 されています。その結果、「比較結果は乳畜牛により摂取されたヨウ素131放射能濃度の1パーセントが搾乳されたミルク中に確認されるモデルと良く一致した」と報告されて、「環境要因と不確定要素を考慮すると、それらデータと現実世界に基づいた分析結果は、優れた適応とコントロールされた状況で行われた研究の確証を示している」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Treinen RM.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26245869

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移