2015年10月14日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #伊豆大島 #空間線量率 #セシウム134 #セシウム137

TITLE
『NATURAL VARIATION OF AMBIENT DOSE RATE IN THE AIR OF IZU-OSHIMA ISLAND AFTER THE FUKUSHIMA DAIICHI NUCLEAR POWER PLANT ACCIDENT.』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後の伊豆大島の空間線量率の自然変動」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故から1年後、2年後および3年後に当たる2012年、2013年および2014年の伊豆大島の空間線量率と土壌サンプル中の放射能濃度を調査」、「空間線量率測定のための走行サーベイは伊豆大島全体を対象」、「放射能濃度測定のための土壌サンプルは22地点から採集」されています。その結果、「空間線量率は2012年が36ナノグレイ毎時、2013年が34ナノグレイ毎時、そして2014年が29ナノグレイ毎時」、「それぞれの年のセシウム134濃度は1キログラム当たり53ベクレル、39ベクレル、29ベクレル、セシウム137濃度は1キログラム当たり87ベクレル、73ベクレルおよび75ベクレル」と報告され、「全ての数値は経時と共に減衰している」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Maedera F, Inoue K, Sugino M, Sano R, Furue M, Shimizu H, Tsuruoka H, Le Van T, Fukushi M.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26246583

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移