2015年10月11日 学術論文の紹介-03 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #メンタルヘルス #相双地域

TITLE
『Mental Health Crisis in Northeast Fukushima after the 2011 Earthquake, Tsunami and Nuclear Disaster.』
BRIEF
本論文は「2011年東日本大震災後の福島東北部におけるメンタルヘルス」に関する論文です。著者らは「2011年東日本大震災は福島東北部の太平洋沿岸の各所に重大なダメージを与え、福島第一原子力発電所原子炉のメルトダウンの恐怖に住民は直面した」と背景を説明されて、「最も深刻な影響があった地域の一つが福島県北東に位置する相双地域と12の地方公共団体(相馬市、南相馬市、新地町、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、広野町、飯舘村、葛尾村および川内村)である」、「相双地域はおよそ20万人の故郷であり、その多くは地震、津波、原子力事故の3重の災害により重大な影響を受けた」、「事故から4年を経て相双地域の人口は約10%減少した」、「災害前の2011年3月時点では、精神疾患患者のための5つの病院と2つのクリニックが-712人の患者と共に-相双地域で運営されていた」、「しかし-2012年、大災害の影響に苦しむ被害者のために相馬市にメンタルヘルスクリニックが開院したが-2015年3月時点では、およそ50人の患者と共に、1つの病院と3つのクリニックのみとなっている」等を報告され、「福島北東部の患者と住民は現在メンタルヘルスクライシスの真っただ中にいる」、「事実、大災害に関連する精神的ストレスはいくつかの身体的及び精神的不調を引き起こす」、「精神疾患患者のみならず相双地域の全ての住民のために中長期のサポートが緊急に必要である」と主張されています。
AUTHOR(S)
Fukunaga H, Kumakawa H.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26329988

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移