2015年10月06日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #津波 #福島第一原子力発電所 #女川原子力発電所 #沈み込み帯 #メガスラスト

TITLE
The Fukushima accident was preventable.
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故は避けられた」との論文です。著者らは「2011年3月11日の津波はおそらく過去100年間で4番目に大きく、15000人以上の死者を出した」、「日本のこの地域に影響を与える設計津波の規模はひどく過小に想定されており、福島第一原子力発電所を襲った津波は原子力発電所事故中、過去3番目に重大な事故の原因となった」、「興味深いことに、福島第一原子力発電所と同程度の高さの津波を受けた女川原子力発電所は”ほぼ無傷”であった」と背景を説明されて、「福島の大災害を招いたエンジニアリング上そして規制の上での失敗とは何であったのか」について説明されています。「一つ目は”以前にこの地域を氾濫させた巨大津波の証拠に対する”、”巨大地震は沈み込み帯に沿ってどこでも発生する可能性があると示唆する日本の研究に対する”、そして”2004年12月26日(※スマトラ島沖地震発生日)以来のメガスラストに関する新たな知見に対する”不十分な留意」、「二つ目は説明の付かない原子力発電所間-それぞれ近い距離にある-の設計条件の差異」、「三つ目は福島第一原子力発電所における最大予測津波を検討する危害分析の方法論的欠陥」、「四つ目は日本の原子力規制構造に相当の不適切があった」と分析されて、「もし国際的なベストプラクティスと基準が適用されていれば、もし国際的にレビューされ、そして過去の地質学そし水力学の知見の上に 共通認識が浸透していれば、福島第一原子力発電所事故は避けられた」と結論され、「原子力発電所の津波に対する脆弱性を評価するための秩序だった基準が、そして緊急準備や重要施設のために津波を分析するエンジニアと科学者の特別なトレーニングが-安全基準をレビューする規制当局者も同様に-必要である」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Synolakis C, Kânoğlu U.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26392611

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移