2015年10月06日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #ジョロウグモ #セシウム137 #アルカリ金属 #リチウム #ナトリウム #カリウム #ルビジウム

TITLE
Relationship between radiocesium contamination and the contents of various elements in the web spider Nephila clavata (Nephilidae: Arachnida).
BRIEF
本論文は「放射性セシウム汚染とジョロウグモ中の様々な物質との関係」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故の結果、大量の放射性物資によって東北日本の広大な範囲が重大にされた」、「結果として生態系中の様々な-節足動物を含む-動植物は食物連鎖を通して放射性セシウム(セシウム137)によって汚染された」、「ジョロウグモはセシウム137に汚染されており、その汚染のレベルは-個体により差があるが-捕食した量とは無関係であったことを以前示している」と背景を説明されて、「ジョロウグモ中のセシウム137汚染レベルを決定するメカニズム」を分析されています。「最初に福島の2つの森林サイト(PSとES)で採集したジョロウグモ中の30を超える物質のパターンを示し、ジョロウグモ中のアルカリ金属(リチウム、ナトリウム、カリウムそしてルビジウム)と蓄積セシウム137との関連を分析(セシウムはアルカリ金属の1元素であり、リチウム、ナトリウム、カリウムおよびルビジウムと動態が似ていると考えられる)」、「アルカリ以外の物質である銅-ジョロウグモ中で酸素輸送のための重要物質-も分析」されて、その結果、「2ついずれのサイトにおいてもナトリウムと蓄積セシウム137との間には正の相関があり、それはジョロウグモ中の蓄積セシウム137はナトリウムの動態と関係があることを示唆している」、「カリウム、ルビジウムそして銅とセシウム137の関係は地点に依っており、サイトPSでは有意な関連が見られたがサイトESでは確認されなかった」と報告され、「サイトによって異なる関連が確認されるその要因と土壌から植物、そして高次栄養段階へのセシウム137の移行経路をアルカリ金属の移行プロセスの面から検討」されています。
AUTHOR(S)
Ayabe Y, Kanasashi T, Hijii N, Takenaka C.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26378957

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移