2015年05月29日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #椎茸 #セシウム #榾木(ほだ木) #抜き取り検査 #バリデーション #OC曲線 #モンテカルロシミュレーション

arXiv,PubMed,SSRN等から論文を紹介します。
※下表中、"BRIEF"欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
※Abstractから論文の概要を紹介します。
TITLEBRIEF
Observed distribution of radiocaesium contamination in shiitake lots and variability of test results. 本論文は「椎茸(シイタケ)ロットの放射性セシウム汚染分布と検査結果のばらつき」に関する論文です。著者らは「榾木(ほだ木)で栽培された椎茸は放射性セシウムが蓄積することで知られている」、「2011年の福島第一原子力発電所事故以来、ほだ木栽培椎茸の違反率は農産物やその他の食材の率よりも高い」、「シイタケの放射性核種汚染の検査に際して、椎茸ロット中の不均一な汚染程度により抜き取り検査方式のバリデーションが極めて危うくなる可能性がある」、「現在、放射性セシウムで汚染された榾木栽培椎茸の統計的特性に関して利用できる先行研究は少ない」と背景を説明され、「放射性セシウムで汚染された椎茸ロットを識別し、ロット内の放射性セシウム汚染の分布を調査」されています。「椎茸ロットの誤分類リスクはモンテカルロシミュレーションで作成したOC曲線より求め、様々な抜き取り検査方式の成績を評価」され、「本研究は誤分類リスクの許容レベルの決定にとって有用な情報を提供する」とされています。 
AUTHOR(S)
Tsuchiyama T, Miyazaki H, Terada H, Nakajima M.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25530022
EnglishJapaneseReference
Lentinula edodes シイタケ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%82%B1
arXiv - http://arxiv.org/
PubMed - http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed
SSRN - http://www.ssrn.com/en/