2015年05月22日 学術論文の紹介-03 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #環境モニタリング #ソフトウェア #プラットフォーム #ネットワーク通信

arXiv,PubMed,SSRN等から論文を紹介します。
※下表中、"BRIEF"欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
※Abstractから論文の概要を紹介します。
TITLEBRIEF
Development of a software platform for providing environmental monitoring data for the Fukushima Daiichi nuclear accident. 本論文は「福島第一原子力発電所事故の環境モニタリングデータを提供するソフトウェアプラットフォームの開発」に関する論文です。著者らは「原子力緊急事態時、放射性核種の分布の現況と対応策を検討するためには幅広い環境モニタリングと迅速なデータの提供がとくに重要である」、「それ故、原子力緊急事態に対応するためにはそれらデータの迅速な提供を実現するシステムの構築が不可欠である」と背景を説明され、「福島第一原子力発電所事故の経験に基づき、環境モニタリング、情報処理およびネットワーク通信技術を統合したソフトウェアプラットフォーム」を開発されています。「プラットフォームは、モニタリングデータの公表に必要な時間の削減に効果的であることが確認された」と報告され、「福島第一原子力発電所事故のケースでは今後数十年に渡ってモニタリングを続ける必要があることからも、モニタリングデータの公表にかかるコストと作業負荷の削減もまた重要である」、「著者らのプラットフォームが問題を軽減するための助けとなることも期待している」と結んでいます。
AUTHOR(S)
Seki A, Saito O, Nago H, Suzuki K, Tomishima K, Saito K, Takemiya H.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25536964
EnglishJapaneseReference
information processing 情報処理 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%87%A6%E7%90%86
arXiv - http://arxiv.org/
PubMed - http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed
SSRN - http://www.ssrn.com/en/