2015年05月14日 学術論文の紹介-03 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #チベット高原 #氷河 #積雪ピット #偏西風

arXiv,PubMed,SSRN等から論文を紹介します。
※下表中、"BRIEF"欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
※Abstractから論文の概要を紹介します。
TITLEAUTHOR(S)URLBRIEF
Fukushima nuclear accident recorded in Tibetan Plateau snow pits. Wang N, Wu X, Kehrwald N, Li Z, Li Q, Jiang X, Pu J. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25658094 本論文は「チベット高原の積雪中の福島第一原子力発電所事故由来の放射性降下物」に関する論文です。著者らは「2011年の春にチベット高原の4つの氷河の積雪ピットから採集したサンプルのベータ線を計測し、バックグラウンドレベルと比較して10倍から数十倍のピークを確認」され、「ピークのタイミングから2011年3月11日に東日本で発生した福島第一原子力発電所事故由来の高放射能である」、「放射性降下物のモニタリングによれば北半球の中緯度を横切る偏西風により放射性物質は移行した」、「それぞれの積雪ピットのベータ線のピークの深さと観察された降下量の記録を比較すると、放射性降下物は2011年3月下旬、原子力事故からおよそ20日後にチベット高原に到達し氷河の表面に沈着した」、「放射性降下物は一ヶ月にわたってチベット高原の大気中に存在した」と報告されています。
EnglishJapaneseReference
Tibetan Plateau チベット高原 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E9%AB%98%E5%8E%9F
arXiv - http://arxiv.org/
PubMed - http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed
SSRN - http://www.ssrn.com/en/