2015年05月05日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #魚介類 #ストロンチウム #セシウム #ポロニウム #放射性核種

arXiv,PubMed,SSRN等から論文を紹介します。
※下表中、"BRIEF"欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
※Abstractから論文の概要を紹介します。
TITLEAUTHOR(S)URLBRIEF
Fukushima radionuclides in the NW Pacific, and assessment of doses for Japanese and world population from ingestion of seafood. Povinec PP, Hirose K. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25761420 本論文は「太平洋岸北西部の放射性核種と魚介類の摂取による日本人および世界人口の線量評価」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故を起源とする福島県の沖合や太平洋岸北西部中のストロンチウム90、セシウム134及びセシウム137を調査」されて「放射性核種により汚染された魚介類の摂取による日本人及び世界人口の放射線量を推定し、人為起源および天然放射性核種等、他の放射線源との比較結果」を報告されています。その結果「福島県の沿岸で採集された魚、貝類及び海藻中の放射性核種摂取による推定全実効線量は0.6±0.4mSv/y」、「太平洋外洋の放射能汚染された魚の摂取による推定個人実効線量は0.07±0.05mSv/y」と報告され「それら線量は魚や貝類中の天然ポロニウム210の摂取による線量(0.7mSv/y)と同等またはそれより極めて低い」、「推定された個人線量は日本人および世界人口に健康被害を引き起こすレベルを下回っている」と結論されています。
EnglishJapaneseReference
(210)Po ポロニウム210 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0210
arXiv - http://arxiv.org/
PubMed - http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed
SSRN - http://www.ssrn.com/en/