2015年04月27日 学術論文の紹介-03 / Introduction of Academic Paper

arXiv,PubMed,SSRN等から論文を紹介します。
※下表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
※Abstractから論文の概要を紹介します。
TITLEAUTHOR(S)URLBRIEF
Experience and current issues with recovery management from the Fukushima accident. Kai M. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25816269 本論文は「福島第一原子力発電所事故後の復興マネジメントにおける経験そして問題」を詳述された論文です。「福島第一原子力発電所事故は、心理的影響と同時に、日常生活面で避けることのできない社会経済的結果をもたらした」、「住民の間には低線量被曝のリスクと影響について高い関心がある」、「被災住民と地域の専門家の直接的な関与は復興期における決定的要因である」、「ICRPの放射線防護体系は、導入にはいくつかの課題もあるが、福島第一原子力発電所事故の復興要件に関連すると考えられる」と述べられており、さらに「診断参考レベルは反復最適化により状況を改善する役目を果たすことができる」、「放射線基準のみによる機械的で、トップダウン式の方法では問題の複雑さに対処できず、利害関係者の関与が求められることを福島第一原子力発電所事故は示唆している」、「放射線の専門家と一般人との専門知識の溝は多くの混乱の原因となった」、「専門家は復興に伴う倫理的価値観を理解すべきであり、ICRPは信用できる放射線防御のためのアドバイスの普及に、より活発となるべきである」等を提言されています。
EnglishJapaneseReference
socioeconomics 社会経済学 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6
arXiv – http://arxiv.org/
PubMed – http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed
SSRN – http://www.ssrn.com/en/