PubMedよりピックアップ:大学生の間の抑うつ症状のリスク要因

PubMedよりピックアップ:大学生の間の抑うつ症状のリスク要因 Title : Risk factors associated with depressive symptoms among undergraduate students. Author : Besharat MA, Issazadegan A, Etemadinia M, Golssanamlou S, Abdolmanafi A. URL : http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25042947
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25042947

Literal translation of Abstract / アブストラクトの直訳 本研究の目的はイラン人大学生を対象として完璧主義、抑うつ的反すう、アタッチメントを含む幾つかの認知と感情の変数と抑うつ症状の関係を調査することである。 Urmia University of Technology、Urmia UniversityそしてUrmia University of Medical Sciencesから299人の大学生が参加した。 被験者はテヘラン多次元完璧主義尺度(TMPS)、反すう型反応尺度(RRS)、修正成人アタッチメント尺度(RAAS)そして 疫学研究用うつ病尺度(CES-D)を受検した。 その結果、被験者の間ではアタッチメントの喪失、社会規定的完全主義そして抑うつ的反すうと抑うつ症状には有意に相関がみられた。 抑うつ症状の前兆となるリスク要因確認のために、本研究結果はリスクにさらされている人たちの教育・健康プログラム設計のための実践的基礎となり得る。 その結果、医療現場における抑うつ症状のリスク要因の適切な評価は予防・マネジメントプラグラムのための貴重な情報を提供するであろう。