PubMedよりピックアップ:東日本大震災における災害時の栄養学

PubMedよりピックアップ:東日本大震災における災害時の栄養学

Title : Disaster Nutrition in the Great East Japan Earthquake Disaster.
Author : Amagai T, Ichimaru S, Tai M, Ejiri Y, Muto A.
URL : http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25057050

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25057050


Literal translation of Abstract / アブストラクトの直訳

2011年3月11日、本州の北東地域を東日本大震災が襲った。

この巨大災害による死者数は1万5千人を超え、そしておよそ3千人の震災関連死者を出している。

東日本大震災は巨大地震、津波そして原子力発電事故から成る。

仮設住宅に住まう生存者のビタミン(ビタミンB1を除いて)摂取量は、過大に見積もられていて、十分ではないかも知れず、さらに必要以上にナトリウムを摂取しているかもしれない。

しかしながら東日本大震災後の科学的データ収集と調査は極めて限られている。

本研究は将来の災害に備えた最適な栄養学のための”緊急栄養評価”システムの準備の必要性に焦点を当てる。