arXivよりピックアップ:インフォメーションサービス評価モデル

arXivよりピックアップ:インフォメーションサービス評価モデル

Title : The Information Service Evaluation (ISE) Model
Author : Laura Schumann, Wolfgang G. Stock
URL : http://arxiv.org/abs/1407.4831

http://arxiv.org/abs/1407.4831


Literal translation of Abstract / アブストラクトの直訳
我々の日常生活にとってインフォメーションサービスは当然のものとなっている。

特に世界中にユビキタス社会が構築されて以来、サービス数はより一層早く増加している。

それらサービスの目的は情報の生成と必要な情報へのアクセスを容易にすることであり、生活の利便性向上である。

今日までサービスの品質とそれらサービスの認知を測定するための多くの評価モデル(特にTAM、TAM 2、TAM 3、UTAUTおよびMATH)が開発されてきている。

まだそれらモデルはインフォメーションサービス全体のコンセプトの一部を対象としているだけである。

全体かつ包括的アプローチとして、ISEモデルはインフォメーションサービスの認知、使用、影響および拡散に影響を与える5つの側面を観察する:インフォメーションサービスの品質、情報利用者、情報の認知、情報の環境および時間。

それらすべての側面はサービスの最終評価とその成否に大きな影響を与える。 

我々のモデルはユーザーの主観的印象(例えばサービス品質の印象)を観察するアプローチとユーザーに依存しないより客観的なアプローチ(例えばシステムのゲーミフィケーションの程度)を統合する。

それに加えて、我々は、特に成功が成功原則を生む、ネットワークエコノミクスの結果を採用する。