SSRNよりピックアップ:ゼロ金利政策の意図しない結果

SSRNよりピックアップ:ゼロ金利政策の意図しない結果

Title : The Unintended Consequences of the Zero-Bound Policy
Author : Marco Di Maggio and Marcin T. Kacperczyk
URL : http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2458587

http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2458587


Literal translation of Abstract / アブストラクトの直訳
マネー・マーケット・ファンド産業へのゼロ金利制約の影響を我々は調査した。

FFレートがゼロに近づくとマネーファンドはよりリスク志向が高まり、多角化程度の低いポートフォリオを組み、高利回りを求めるようになる事を我々は確認した。

金利の低下はファンドがマーケットから撤退する可能性を高め、ファンドが投資家に課す費用を低下させる。

出資者の評判と違わず、大きな金融機関と提携しているファンドは、独立したアセットマネジメント企業がよりリスクを取っている間も、マーケットから撤退しがちであることを我々は確認した。 

Fedのフォワードガイダンスからの更なる事実がそれを裏付けている。