PubMedよりピックアップ:年少者の強迫性障害:事例報告

PubMedよりピックアップ:年少者の強迫性障害:事例報告

Title : Juvenile obsessive-compulsive disorder: A case report.
Author : Menon V
URL : http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25013319

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25013319


Literal translation of Abstract / アブストラクトの直訳
強迫性障害は医療の現場で見られる、生活に支障を来しさらに慢性化の可能性のある不安障害の一つである。

しかしながら、強迫性障害はしばしば充分に理解されておらず、また充分な治療もされていない。

現在では子供や成人における疾患は広く知れ渡っている。

症状としての強迫イメージは他のタイプの強迫観念よりは多くない。

本論文では我々は強迫イメージに取りつかれている一人の少年を詳述する。

年少者の強迫性障害の診断と治療について議論する。