arXivよりピックアップ:Twitterネットワーク上におけるソーシャルキャピタリストの社会的役割の特定

arXivよりピックアップ:Twitterネットワーク上におけるソーシャルキャピタリストの社会的役割の特定

Title : Identifying the Community Roles of Social Capitalists in the Twitter Network
Author : Vincent Labatut, Nicolas Dugué (LIFO), Anthony Perez (LIFO)
URL : http://arxiv.org/abs/1406.6611
Subjects : Social and Information Networks
Submitted on 25 Jun 2014

http://arxiv.org/abs/1406.6611


Literal translation of Abstract / アブストラクトの直訳
Twitterの世界ではソーシャルキャピタリストとは、何としてでも、彼らのフォロワーと交流数を増やそうとするユーザのことである。

彼らは影響力、認知度に対する概念を損なわしているため、Twitterネットワークにとって健全な存在ではない。

実際最近では彼らが、例えばスパマーのような、悪意を持ち、影響力を増大させているユーザー助長させているリアルなアクティブユーザーであることが確認されている。

それ故、彼らの行動とTwitterにおける彼らの位置づけへ理解は重要な関心事である。

最近の研究では、2つの単純な位相的な手法を用いてソーシャルキャピタリストを特定する有効な手法が提唱されている。

この特定手法に基づき、我々はソーシャルキャピタリストがTwitterのfriend-to-followerネットワークにおいてどのように拡散されていくのかを調査した。

我々は、どのように彼らが組織化され、そして彼らのつながりがネットワーク上で広がるのか分析することに特に関心を持っている。

また、この事への回答はソーシャルキャピタリストの手法がサービス上で実際の認知度を高めるかどうかを知ることにもなる。

そのために我々は、ネットワークのコミュニティ構造について、Twitter上におけるソーシャルキャピタリストの位置付けを研究する。

我々の研究は、コミュニティレベルの関連性に依存するネットワーク上の位置づけで定義される、ノードのコミュニティにおける役割のコンセプトに基づいている。

位相的手法は元々関連性に関するコミュニティのいくつかの側面のみを考慮し、また経験的な一定の閾値群に依存するそれら役割の特徴を定義している。

我々は始めにそれら手法の限界を示す、そして関連性に関するコミュニティの新しい側面を検討することによりそれらを拡大、一般化する。 

加えて我々はその役割を識別するために監視されていないアプローチを、研究事例にさらなる柔軟性と関連性を提供するために利用する。

その後我々は我々の手法をソーシャルキャピタリストの事例に適用し、彼らが独占する特定の役割故にTwitterの世界で高く認知されることを示す。