2014年4月分の労働力調査

2014年5月30日、2014年4月分の労働力調査が公表されました(データ出所:総務省統計局)。

そこで民主党政権以降の期間に注目して労働力人口、非労働力人口、完全失業率および歴代首相、日銀総裁の時系列推移を確認してみましょう。

2014年4月の完全失業率は3カ月連続で3.6%、民主党政権以降の最低値となります。

なお完全失業率は民主党政権樹立の2009年9月の5.4%を最高値として以降低下傾向にあることも確認できます。