2014年4月分の建設労働需給調査

2014年5月26日、2014年4月分の建設労働需給調査(データ出所:国土交通省)が公表されました。

そこで建設技能労働者過不足率(%、全国、原数値)の推移を確認してみましょう。

2014年4月において最も不足率が高い職種は鉄筋工(土木)、低い職種は電工であったことが確認できます。

また2013年4月以降13カ月連続で、8職種全てにおいて技能労働者不足(過不足率がプラス値)であることも確認できます。