2014年3月分(速報値)の鉱工業指数

2014年4月30日、2014年3月分(速報値)の鉱工業指数が公表されました。

そこで品目別の生産指数について2014年3月の上位10品目とそれら品目の2013年3月の指数を比較して確認してみましょう。

※以下の品目については本投稿作成時において公表されていません。
・航空機用機体部品(プロペラ・回転翼を含む)
・航空機用発動部品
・無アルカリガラス基板
・写真フィルム
・電力
・ガス
・熱供給
・水道

図1は品目別の生産指数について2014年3月(赤)における上位10品目とそれらの2013年3月(緑)の指数を並べたグラフです。

2013年3月には64.1と平成22年基準を下回っていた一般用ダービン発電機生産指数の上昇、2013年3月にはもっともその指数が高かった機械プレスの下落が目立つ結果となりました。

参考・引用文献
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/b2010_result-2.html
図1 鉱工業生産指数:品目別:季節調整:H22=100
縦軸:品目、横軸:鉱工業生産指数:品目別:季節調整:H22=100。データ出所:経済産業省