2016年07月07日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #東日本大震災 #心的外傷後ストレス障害 #未就学児童

TITLE

Symptoms of Post-Traumatic Stress Disorder Among Young Children 2 Years After the Great East Japan Earthquake.
BRIEF
本論文は「東日本大震災から2年後における子供達の間の心的外傷後ストレス障害」に関する論文です。著者らは「東日本大震災から2年後における5歳から8歳の子供達の間の心的外傷後ストレス障害有病率とその引き金となったトラウマ的体験」を調査されています。「被験者は震災の影響を受けた3県と受けていない1県から、2011年3月11日時点で幼稚園に通っていた計280人の5歳から8歳の子供達」、「震災後1年半から2年に当たる2012年9月から2013年5月に掛けて保護者により記入される質問票および精神科医または心理学者によるインタビュー」とされたその結果、「震災を経験した子供の内、33.8パーセントに心的外傷後ストレス障害が確認された」、「様々なトラウマ的体験の内、震災および遠縁または友人の喪失は独立して心的外傷後ストレス障害と関連しており、有病率比はそれぞれ6.88(95パーセント信頼区間は2.06から23.0)と2.48(95パーセント信頼区間は1.21から5.08)」、「東日本大震災から2年を経ても影響を受けたコミュニティのおよそ3人に1人の子供が心的外傷後ストレス障害の症状を示した」等を報告されて、「自然災害後の心的外傷後ストレス障害予防そして子供達への適切なメンタルヘルスサービスの提供のために今回の結果は有用である」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Fujiwara T, Yagi J, Homma H, Mashiko H, Nagao K, Okuyama M; Great East Japan Earthquake Follow up for Children Study Team.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27364881

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移