2016年4月27日と2016年3月16日のFOMC(米連邦公開市場委員会)ステートメントの違い #FOMC #政策金利

Reference and Powered by
https://www.federalreserve.gov/newsevents/press/monetary/2016monetary.htm
http://fortawesome.github.io/Font-Awesome/


  1. 前回のステートメントとの変更点
  2. Release Date: March 16, 2016
    『Information received since the Federal Open Market Committee met in January suggests that economic activity has been expanding at a moderate pace despite the global economic and financial developments of recent months. Household spending has been increasing at a moderate rate, and the housing sector has improved further; however, business fixed investment and net exports have been soft.』


    1月のFOMC以降の情報は、経済活動はここ数ヶ月の世界経済および金融の動向にもかかわらず穏やかなペースで拡大していることを示唆している。家計支出は緩やかに増加しており住宅セクターはさらに改善しているが、企業固定資本投資とネット輸出は軟調である。

    Release Date: April 27, 2016
    『Information received since the Federal Open Market Committee met in March indicates that labor market conditions have improved further even as growth in economic activity appears to have slowed. Growth in household spending has moderated, although households’ real income has risen at a solid rate and consumer sentiment remains high. Since the beginning of the year, the housing sector has improved further but business fixed investment and net exports have been soft.』


    3月のFOMC以降の情報は、経済活動の成長は減速しているように思われるがそれにもかかわらず労働市場は更に改善していることを示している。家計実質所得は堅実なペースで上昇し消費者マインドは高いままであるが、家計支出の成長は穏やかである。年初以来、住宅セクターは更に改善しているが、企業固定資本投資とネット輸出は軟調である。


  3. 前回のステートメントとの変更点
  4. Release Date: March 16, 2016
    『Inflation picked up in recent months; however, it continued to run below the Committee’s 2 percent longer-run objective, partly reflecting declines in energy prices and in prices of non-energy imports.』


    インフレ率はここ数ヶ月上昇しているが、委員会の長期目標である2%を下回り続けており、エネルギー価格と非エネルギーの輸入価格の下落が多少反映されている。

    Release Date: April 27, 2016
    『Inflation has continued to run below the Committee’s 2 percent longer-run objective, partly reflecting earlier declines in energy prices and falling prices of non-energy imports.』


    インフレ率は委員会の長期目標である2%を下回り続けており、エネルギー価格の以前の下落と非エネルギーの輸入価格の値下がりが多少反映されている。


  5. 前回のステートメントとの変更点
  6. Release Date: March 16, 2016
    『However, global economic and financial developments continue to pose risks.』


    しかしながら世界経済および金融の動向はリスクを提起し続けている。

    Release Date: April 27, 2016
    削除


  7. 前回のステートメントとの変更点
  8. Release Date: March 16, 2016
    『The Committee continues to monitor inflation developments closely.』


    委員会はインフレ動向を注視し続ける。

    Release Date: April 27, 2016
    『The Committee continues to closely monitor inflation indicators and global economic and financial developments.』


    委員会はインフレ指数と世界経済および金融の動向を注視し続ける。

2016年4月27日と2016年3月16日のFOMCステートメントの比較
compare_statement_20160427_01

compare_statement_20160427_02