2016年04月22日 学術論文の紹介-03 / Introduction of Academic Paper #PM #粒子状物質 #アテローム性動脈硬化

TITLE

Particulate matter and atherosclerosis: a bibliometric analysis of original research articles published in 1973-2014.
BRIEF
本論文は「粒子状物質およびアテローム性動脈硬化についての1973年から2014年に発行された独自研究論文の計量書誌学的分析」に関する論文です。著者らは「疫学および実証研究の結果は粒子状大気汚染物質暴露がアテローム性動脈硬化を進行させる可能性を示唆している」と背景を説明されて、「粒子状物質とアテローム性動脈硬化の研究分野の特性と傾向を計量書誌学的指数を利用して分析」されています。「メッシュ( https://www.nlm.nih.gov/mesh/ )の語句を利用してPubMed/MEDLINEでの検索結果から得たオリジナルペーバーに基づく計量書誌学的分析」、「詳細検索を採用し、論文はThomson Data Analyzerにインポート」、「UCINET6(ユーシーアイネット)により共同研究のネットワークを分析」、「研究のメイントピックと今後の焦点は共語分析とクラスター分析により探索」、「それら研究論文の特徴を要約」されたその結果、「論文数は1973年から1978年の5件から2009年から2014年には89件へと増加」、「喫煙汚染、煙そして大気粒子状物質はこの分野で最も研究されているターゲット」、「冠動脈疾患は粒子状物質暴露による最も多い健康転帰」、「大動脈と内皮血管は粒子状物質暴露により高められるアテローム性動脈硬化症の主たる部位」、「酸化ストレスと炎症は現在の機序研究システムにおける特別な関心事」、「最も頻度の多いMeSH語句をクラスター化して、4つの頻度の高いトピックを提示」、「書誌情報とMeSH語句の定量分析の結果、粒子状物質とアテローム性動脈硬化の研究分野における研究特性と注目されているトピックを明確にした」等を報告されて、「今回の分析は、この分野の研究者のための包括的なバックグラウンドリファレンスをを提供する」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Wang F, Jia X, Wang X, Zhao Y, Hao W.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27093947

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移