2016年04月12日 学術論文の紹介-04 / Introduction of Academic Paper #空気環境品質 #ポルトガル #プライマリースクール

TITLE

Children exposure to indoor ultrafine particles in urban and rural school environments.
BRIEF
本論文は「都会と地方の学校環境において屋内超微粒子に暴露する子供」に関する論文です。著者らは「子供への超微粒子の長期間暴露は、成人と比較すると高い感受性のため、影響を与える可能性がある」、「子供はプライマリースクールで1日平均8時間過ごすため、それら施設における超微粒子個数濃度評価は、屋内空気汚染によるプライマリースクールでの子供達の健康リスク評価のために、重要である」と背景を説明されて、「都会そして地方のポルトガルのプライマリースクールにおける屋内超微粒子個数濃度の発生源の評価と特定」されています。「暖房期を通してポルトガル西部に位置する都会の6校と地方の2校の屋内および屋外超微粒子個数濃度を測定」されたその結果、「屋内超微粒子の平均個数濃度は都会のほうが地方よりも有意に高かった(それぞれ10.4×10^3と5.7×10^3 pt/cm3)」、「高い超微粒子レベルは学生一人当たりの広い面積、地上に近い階、チョークボード、木製家具又は床仕上げ材およびペアガラス窓とに関連があった」、「超微粒子屋内個数濃度は屋内二酸化炭素濃度と逆相関にあった」、「都会及び地方の公立プライマリースクールにおける超微粒子の屋内および屋外個数濃度を評価し、それぞれの環境での主たる発生源が特定できた」等を報告されて、「地方と比較して都会における超微粒子汚染の増大する濃度を提示したのみならず、プライマリースクールにおいて超微粒子濃度に影響する教室/学校の幾つかの特性をも明らかにした」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Cavaleiro Rufo J, Madureira J, Paciência I, Slezakova K, Pereira MD, Aguiar L, Teixeira JP, Moreira A, Oliveira Fernandes E.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27040535

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移