2016年04月08日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #建築環境工学 #PM2.5 #煙草

TITLE

PM2.5 as a marker of exposure to tobacco smoke and other sources of particulate matter in Cairo, Egypt.
BRIEF
本論文は「エジプト・カイロにおけるPM2.5マーカーとしての紫煙とその他の粒子状物質」に関する論文です。著者らは「直径2.5マイクロメートル以下の粒子状物質(PM2.5)はタバコや水パイプからの煙を含む様々なソースから発生し、急性または慢性の疾病や死亡の原因として考えられている」と背景を説明されて、「様々な喫煙程度および喫煙制限レベルの職場におけるPM2.5を測定」されています。「2005年から2006年に、室内および屋外での便宜的サンプリングによりPM2.5レベルを測定」、「キャリブレートしたSidePak粉じん計を用いて96の地点、計3295人を調査」されたその結果、「喫煙が禁止されている室内(PM2.5レベルは1立方メートル当り72から81マイクログラム)と比較すると、カフェの客に水パイプが提供されている場所(478マイクログラム)およびラマダンテント(612マイクログラム)は極めて濃度が高く、喫煙制限の強制力が弱い公共施設についても同様(171から704マイクログラム)であった」、「水パイプ喫煙者数および煙草喫煙者数は共にPM2.5濃度に有意に寄与していた」等を報告されて、「これらデータは特に環境中での煙草暴露を減らし大気質向上を目的とした禁煙政策とプラグラムの一助となり、煙草制限政策の影響を観察するベースラインとなるであろう」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Loffredo CA, Tang Y, Momen M, Makambi K, Radwan GN, Aboul-Foutoh A.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27046726

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移