2016年04月05日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #PTSD #社会的一体性

TITLE

Can Community Social Cohesion Prevent Posttraumatic Stress Disorder in the Aftermath of a Disaster? A Natural Experiment From the 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami.
BRIEF
本論文は「災害後の心的外傷後ストレス障害とコミュニティの社会的一体性、東日本大震災と津波による自然実験」に関する論文です。著者らは「災害後の心的外傷後ストレス障害リスクは高い」と背景を説明されて、「2011年3月11日の東日本大震災と津波後の心的外傷後ストレス障害の低リスクに災害前のコミュニティの社会的一体性のレベルが関連するか」を調査されています。「自然実験のベースラインは地震と津波の7ヶ月前に震源地西80キローメートルの位置のコミュニティに住んでいた高齢者の調査により設定」、「フォローアップ調査は災害からおよそ2.5年後に実施」、「空間ダービンモデルによりコミュニティレベルの社会的一体性と個人の心的外傷後ストレス障害リスクの関連を調査」されたその結果、「分析サンプル(n=3,567)中、回答者の11.4パーセントが重大な心的外傷後ストレス障害症状を訴えていた」、「空間ダービンモデルによると、災害前の個人およびコミュニティレベルの社会的一体性は心的外傷後ストレス障害症状の低リスクと有意な相関が見られた(それぞれオッズ比が0.87、95パーセント信頼区間は0.77と0.98およびオッズ比は0.75、95パーセント信頼区間0.63と0.90。ベースライン時のうつ症状および災害時の経験(配偶者喪失、家屋損傷およびヘルスケアの困難等)で調整)」等を報告されて、「コミュニティレベルの社会的一体性は災害後の地域住民の回復力を高める」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Hikichi H, Aida J, Tsuboya T, Kondo K, Kawachi I.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27026337

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移