2016年03月29日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #マウス #塩化セシウム

TITLE of THESIS

Fukushima simulation experiment: assessing the effects of chronic low-dose-rate internal 137Cs radiation exposure on litter size, sex ratio, and biokinetics in mice.
BRIEF
本論文は「マウスに関するリターサイズ、性比および生物動力学への慢性的な低線量内部セシウム137被曝の影響」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故後の慢性的な低線量内部被曝の継代効果を調査するために、18世代のマウスをアイソトープセンターにて0ベクレル/ミリリットル及び100ベクレル/ミリリットルの塩化セシウム(セシウム137)含有水への自由飲水で飼育」、「塩化セシウム含有水の長期自由摂取後のマウス臓器中のセシウム137分布を調査」、「全18世代に渡り、セシウム137含有水を摂取したグループのリターサイズと性比をコントロール群と比較」された結果、「コントロール群とセシウム137含有水を摂取したグループの間にリターサイズと性比の有意な差は確認されなかった」と報告されて、「筋肉中とその他の器官中の内部被曝線量は~160ベクレル/グラムおよび80ベクレル/グラム」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Nakajima H, Yamaguchi Y, Yoshimura T, Fukumoto M, Todo T.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26825299

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移