2016年03月29日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #イノシシ #猪豚 #精巣 #セシウム

TITLE of THESIS

Electron probe X-ray microanalysis of boar and inobuta testes after the Fukushima accident.
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後のイノシシ及び猪豚の精巣のX線マイクロアナライザ」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故に由来する慢性的放射線被曝のイノシシ及び猪豚の精巣への影響」を調査されています。「福島第一原子力発電所事故後、2012年にイノシシ及び猪豚の精巣中の放射性セシウム、特にセシウム134及びセシウム137の汚染レベルを調査」、「精巣に関する形態学的分析およびX線マイクロアナライザも実施」されたその結果、「イノシシの精巣中のセシウム134及びセシウム137レベルはそれぞれ6430±23ベクレル/キログラム及び6820±32ベクレル/キログラム、猪豚の精巣中ではそれぞれ755±13ベクレル/キログラム及び747±17ベクレル/キログラム」、「イノシシの精巣中の総セシウム134及びセシウム137の内部及び外部被曝はそれぞれ47.1ミリグレイ及び176.2ミリグレイ、猪豚ではそれぞれ6.09ミリグレイ及び59.8ミリグレイ」、「どちらの動物にも放射線被曝精巣の組織化学的分析の結果、精子形成障害は確認されなかった」、「X線マイクロアナライザの結果どちらの動物からもセシウム分子は確認されなかった」等を報告されて、「結論として、福島第一原子力発電所事故由来の慢性的放射線被曝による調査対象イノシシ及び猪豚の精巣に放射線誘発性の悪影響は確認されなかった」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Yamashiro H, Abe Y, Hayashi G, Urushihara Y, Kuwahara Y, Suzuki M, Kobayashi J, Kino Y, Fukuda T, Tong B, Takino S, Sugano Y, Sugimura S, Yamada T, Isogai E, Fukumoto M.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26825300

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移